sexta-feira, fevereiro 17, 2006

A Razão Encriptada

encriptada
私がことそれらがそこになかった、普通捕獲物修理した昨日の日の半分の
1 つ小さい農場で。私は結合しなかった、それらがリターンを与えることを行ったことが、そして後で戻ることが私は分った。しかしない。渡される時間および何 も。それらの信号。私はベッドの家の内部の鋸のそれらを下に見るに、それの戸棚のの中でカーテンの後ろで、掘る向かった。何も。私は競技場で上がる親指の 待ち時間に、戦っているテレビ及び鋸2 の道化師を選挙それ区切る。絶対確実性の彼らがそこにいなかったこと。私は家を去る為に終わり、前部の庭の歩行を取るために、そこに着席させたハトへの食 糧の弾力性への銀行の1 つでそれらのためのそれがあることができる。しかしハトあった。私は通りをたどって行き、車でつかまえた。私は方針及び病院の艦隊のための携帯電話のよい 組の側面を神経質に見る都市のための時間を間、同時に、それ区切る導く。私がのために結合するために着いたまで。だれも彼らが歩いた考えを作らなかった。時の間それに交差の後の一見のそれら見られた私があったようである。しかしな い、誤報。私があきらめることのために終えた既に夜内部- おそらくそれらは週末の先に、私考えたあった。そしてこれについて考えて私は理由のないこの時間の週の最後のポストを、出版した。
Agora desenrasquem-se. E bom fim de semana.